仮住まい

hirayamakunのゲーム専用blog

マリオカートでカミナリをためらう人とスマブラ

昨年最後の記事で「スマブラは流行だからやる気が出ない」的な捨て台詞を吐いていましたが、『for Wii U』を狂ったようにプレーする有様となりました。このゲームは登場作品のBGMがどれだけ採用され、どのようにアレンジされているのか、という楽しみしかできない人間ですが、膨大なボリュームゆえにちらほら嬉しい内容が目につきます。特に『スーパードンキーコング』と『MOTHER』。難しい条件をクリアすることでゲットできるBGMやゆかりのフィギュアを眺めるためにプレー回数を重ねて、このゲームと向き合うハメとなりました。BGMに関しての記事は本拠地のWEBで書きますが、今回は『スマブラ』を遊んで思ったことをいくつか挙げていきます。Wiiで出た『X』は完全スルー、上の世代の人間が初めてニンテンドー64版を見た時もこうだったのだろう、と思ってしまう冷めた態度をとってしまいましたが、ハードを1つまたいで遊んでしまうという救いのなさに自分が怖くなります。

 

何故乱闘させるのか

このゲームを最初に見た時、「そもそも何故任天堂のキャラクターが殴り合うのか」という疑問を抱いた。とりあえず周りがやっているから遊ぶか、ということで友達の家で黙りこくってコントローラーをカチカチしていた記憶がよみがえります。今になっても何故乱闘させているのか、サッパリわかりません。版権格闘ゲームは珍しいものではありませんが、「任天堂は非暴力的だ」という何の根拠もないイメージを持っていたのでで、そこは少し気になりました・・・が、『ファイアーエムブレム』なども出しているため、勝手な思い込みであると後年考えを改めました。コマンドがない、アイテムやステージなど、プレイヤーの腕前以外にゲームへ干渉する要素があるなど、『スマブラ』は格ゲーか否かという議論はたまに見かけます。が、自分はCPU相手にひたすら遊んでいるので、全てがミニゲームに感じます。オンライン対戦をすれば、対戦ゲームとして初めて『スマブラ』に向き合えると思います・・・が、その日は来ないでしょう。

 

マリオカートの「カミナリ」再来

実際に『スマブラ』にもアイテムとして登場しているカミナリ。『スーパーマリオカート』に出てきたアイテムで、自分以外の相手を小さくしてパワーダウンさせるというもの。『スマブラ』でもその効果は等しく、相手を弱体化させて撃墜するチャンスとなる。個人的に『マリオカート』で一番ゲンナリするのがこのカミナリ。順位が低いという理由だけでドロップしやすくなるアイテムだが、状況をひっくり返してしまう味気なさに満ち溢れている。ピンチの時の一発逆転、という要素はゲームに限らず、不毛だ。基本的に『マリオカート』はキノコ以外のアイテムはいらないとすら思う人間なので、『スマブラ』のように戦局をひっくり返してしまうアイテムが多いゲームは辛い。オンライン対戦でカミナリを引くとしたら、自分でも気まずい感覚を覚えるだろう。各キャラにある大技「最後の切り札」も同様だ。これも必殺レベルの一撃を持つものが多く、範囲も広いものが多い。更にはキャラごとに性能差があって、ここも酷い。往年のネタを仕込んでくれるのはありがたいのだが、ゲームとしては厳しい。パーティゲームなんだから気にするな、という声は64版で終わっていたなら、そうなのかもしれない。

 

アイテムがないと闘えない

頭を痛める逆転アイテムだが、いざアイテムなし、いわゆる「ガチ対戦」をしてみると、キャラクターごとの性能差が激しいため、ゲームにならないことも多いらしい。極端なステータスを持つもの、例えば地上戦は強いけど空中戦はからっきしなリトルマックといったキャラクターはジャンプ力がアップするウサ耳ずきんなどで欠点をカバーする、といった組み合わせがある。モデルが一緒故に、一部に特定のキャラクターに対する上位互換がいるものだから、結局強い一人だけを使うというケースも多いらしい。キャラクターに愛着がある人は弱くても頑張るだろうし、強烈なアイテム各種にはそれを後押しする意味もあるのだろう。そして勝負を左右するのは「運」だ、と大胆にも言っている気がする。だから、戦局がむちゃくちゃになるアイテムは、遠回しにプレイヤーを「勝負は時の運、気張るな」となだめている。そしてそれは見事にスルーされ、プレイヤーは「バランス」が悪いと指摘する構図だと思う。対戦する以上は勝ち負けの概念が出てくる。出た結果はアイテムやステージの不確定な要素で決めたというよりは、自分の腕前が反映されたものだと思いたいものだ。

 

口調が安定しない上に書き方がざっくりしすぎで申し訳ないが、『マリオカート』のカミナリが辛いと感じる人には、『スマブラ』の救済処置の数々は受け付けられないだろうということさえ伝われば良い。CPU相手なら、いくら理不尽な行動をしても傷つかない。解禁要素の条件を早くこなせるなら、それに越したことはないため、いくらでも反則級のアイテムが使える。納得する、しないは別として、フェアを重んじなければいけない大人になった今、『スマブラ』は虚しさを募らせてくれる。そして、これこそ自分が対戦ゲームに求めていた・・・いやいや、これに限ってはBGM目当てです。適当に加筆修正します。